臨床現場からの情報発信・東京都世田谷区 奥沢の菊池歯科医院
ブログ

歯周病

歯周病

30代では80%もの人が多少にかかわらずかかっている生活習慣病です。
知らないうちに進行し、自覚症状がでるのはかなり進んでからが多いものです。日々のプラークコントロールをしっかり行ない、定期的に歯科検診、クリーニングを継続的に行うことが重要です。

歯周病のセルフチェック10項目

※以下の項目であなたはいくつあてはまりますか?

  • 歯ブラシをすると出血する
  • 口臭がある
  • 歯と歯の間のすき間が広がってきた
  • 以前より歯が長くなってきたように見える
  • 歯の間に物がはさまりやすい
  • 歯がぐらぐらして硬いものが咬みにくい
  • 歯ぐきに痛みがある
  • 抜けたままにしている歯がある
  • プラークや歯石がたくさんついているのがわかる
  • 歯ぐきが赤く腫れることがある

■ 結果

1 <ひとまず安心 頑張って歯ブラシを
2~4 <少し不安 機会をみつけて歯医者さんへ
5~7 <要注意 歯周病が疑われます。歯医者さんで診療がベター
8以上 <すぐに行きましょう 歯周病が進んでいます。すぐにみてもらいましょう

歯周病の症例

歯科の二大疾患

歯周病は進行状態により治療も様々ですが一番大切なことは毎日のブラッシングと定期的にチェックすることです。ひどい状態でも治療後、その2つをきちんと行っていくことで長い間、お口の健康を保つことができます。
歯科の二大疾患(虫歯と歯周病)は早期発見、早期治療とよく言われてきましたが、これからは早期発見、長期観察というのも大切なことと思っています。

少々な病気であれば、それを承知の上で上手に付き合っていく、というこでもあります。例えば虫歯のCO(初期の虫歯)であれば削ったりせずに歯ブラシを頑張ってもらい、フッ素を利用し長期観察していったり、歯周病に関しても少々の問題の場合ではブラッシングと定期的なスケーリング(歯石の除去)、PMTC(専門的な歯間の機械的清掃)で長期観察していくことがケースによっては可能です。

自分の判断で長期観察する事は危険なので、もし何か気にしている点があれば一度掛かかりつけの先生にご相談されることをお勧めします。

■ 症例 1

歯周病の症例 1

治療前:歯周病により歯ぐきが赤く腫れ歯と歯の間に隙間ができています。 口臭もこの時には見られます。

治療後:歯垢をとりブラッシングも上達し、歯ぐきの状態が改善されました。その後、矯正治療を施し、歯並びも美しくなり、プラークコントロールしやすくなっています。

■ 症例 2

歯周病の症例 2

治療前:歯周病により歯が抜けて放置していたため、前歯が出っ歯のようになってきています。

治療後:歯周病の治療を施し、奥歯の咬み合わせを改善させ、又、矯正治療も行い歯並びも美しくなりました。

■ 症例 3

歯周病の症例 3

当院治療例

当院で行った歯周病の治療です

術前

HP007.jpg

全体的に歯石、プラークが付き、歯肉が赤黒くところどころ腫れ、炎症があります。前歯は動揺があり、前方に突出し、歯と歯の間も隙間が多くなっています。口臭も認め、最近歯が前に出てきたとの悩みで来院された方です。

歯周病、術後

HP008.jpg

徹底的に歯石を取り、歯ブラシを頑張って頂き、炎症が取れ、歯周病が改善。その後矯正治療で前方に出ていた歯を治し、必要なところは被せて治して終了しました。

術前

HP009.jpg

前歯が前方に傾斜して突出しています。

術後

HP010.jpg

前歯の傾斜が治り歯軸の改善が見られます。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ