今までの治療法との違い

■ 前歯を1本失った場合

従来の治療法(ブリッジ) migi.gif インプラント治療
従来の治療法(ブリッジ)
両側の健康な歯を削る必要があります。
インプラント治療
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

■ 奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯) migi.gif 止め具などを使わないため、ロの中に違和感を感じない
従来の治療法(部分入れ歯)
金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
かたいものが安心して食べられません。
インプラント治療
止め具などを使わないため、ロの中に
違和感を感じません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

■ 全ての歯を失った場合

従来の治療法(総入れ歯) migi.gif 入れ歯のように外れる心配もありません
従来の治療法(総入れ歯)
ガタつきがあると安心して食事ができません。
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。
インプラント治療
自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。
入れ歯のように外れる心配もありません。

■ 総入歯が安定しない

総入歯が安定しない migi.gif 入れ歯の支えにインプラントを使う
従来の治療法
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)

入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。※総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなる
ことがあります。
インプラント治療
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたリガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。