歯周病

30代では80%もの人が多少にかかわらずかかっている生活習慣病です。
知らないうちに進行し、自覚症状がでるのはかなり進んでからが多いものです。日々のプラークコントロールをしっかり行ない、定期的に歯科検診、クリーニングを継続的に行うことが重要です。


歯周病のセルフチェック10項目
※以下の項目であなたはいくつあてはまりますか?

  • 歯ブラシをすると出血する
  • 口臭がある
  • 歯と歯の間のすき間が広がってきた
  • 以前より歯が長くなってきたように見える
  • 歯の間に物がはさまりやすい
  • 歯がぐらぐらして硬いものが咬みにくい
  • 歯ぐきに痛みがある
  • 抜けたままにしている歯がある
  • プラークや歯石がたくさんついているのがわかる
  • 歯ぐきが赤く腫れることがある

■ 結果

1 ≪ひとまず安心 頑張って歯ブラシを
2~4 ≪少し不安 機会をみつけて歯医者さんへ
5~7 ≪要注意 歯周病が疑われます。歯医者さんで診療がベター
8以上 ≪すぐに行きましょう 歯周病が進んでいます。すぐにみてもらいましょう

前の記事

滅菌、消毒

次の記事

GW登山