臨床現場からの情報発信・東京都世田谷区 奥沢の菊池歯科医院
ブログ
  • HOME »
  • 歯の冷凍保存

歯の冷凍保存

歯の冷凍保存

歯の冷凍保存

自分の歯を使う歯牙移植

自家歯牙移植の治療法は確立してからかなりの年月が経っています。当歯科医院でも10年以上経過した症例も多数あり、症例さえ選べばかなりの確率で成功する安全な技術といえます。歯牙移植はあくまで自分の歯を使うためにインプラントや入れ歯にはない天然歯の良さがあるといえます。

使える歯は親知らず

ただ移植に使える歯は親知らずなどに限られるために、すでに親知らずを抜いてしまっていると移植することはできません。過去に抜いて手元に置いてあった歯を移植することもできません、なぜなら歯の根についている歯根膜という組織が失われているからです。

しかるべき方法で冷凍保存した歯にはこの一番大事な歯根膜が残されているのです。歯根膜は歯と骨をつなぐ組織でクッションの役目もしています、インプラントにはこの歯根膜がなく骨と一体化しているところが大きな違いです。今までは抜歯して同時にその歯を使って移植していたわけですが、冷凍保存の技術により選択肢が広がると思います。

将来自分の歯が失われた時に利用

たとえば若い患者さんで矯正治療をする際、便宜抜歯といって健康な歯を抜かなければ歯並びが治せないケースがあります。このとき抜いてしまった歯は今までは捨てていたわけですが、冷凍保存しておけば将来自分の歯が失われた際にそこに移植することができます。

親知らずに関しては冷凍保存しなくても将来移植の際に抜歯すればいいと考えもあります。けれども親知らずは生えている位置が口のいちばん奥でブラッシングしにくく汚れが取りづらいため、虫歯や歯周病になりやすく抜歯になってしまったり、治療しなければならないことも多いのです。

ですから、いざ歯のないところに移植しようとしても健康で全く問題がないことは少ないのが実情です。この点で若くて虫歯にも歯周病にもなっていない親知らずを抜いて保存しておくことは意義があるといえます。

私が患者様にこの方法を紹介する際に一番のネックになるのは費用のことと実感してます。費用対効果を考えると将来あるかないかわからない歯牙移植に関してこのぐらいの金額はどうだろう?というものですが、私も正直測りかねています。

ただ、将来の保険と考えることと、移植のみならず歯髄や歯根膜細胞から自分の臓器を再生する方法にも使用できる可能性があることも考慮すると妥当と言えるかもしれません。必ず今後はこの再生医療が発展すると私自身も思っています。できるだけ早く実現してほしいものです。

 att 1.jpg

att5.jpg

料金

親知らず、小臼歯の保存料(移植及び再生医療用)

1本あたり 1年以内 77,000円 10年分  88,000円

         

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ