デジタルレントゲン

デジタルレントゲンの機器を平成26年度に新しくしました。

 

デジタルパノラマ撮影は照射時間が短縮され、デンタル撮影ではフィルムが薄くなりともに照射量が減りました、又各ユニットにはそれぞれ大型スクリーンを設置し大画面で画像をお待たせすることなくすぐに見ることができるようになり、患者様にとってよりわかりやすくなりました。

昔のフィルムを現像するのに比べてX線の照射量が少なくて済むので被ばく量が減り、患者さまにとってやさしいと言えます。

 

HP5.1.1.jpgHP5.1.2.jpgHP5.1.3.jpg

次の記事

口腔内カメラ